お知らせ

高知県「協働の森づくり事業」への参加について

2009年08月19日

このたび、当社は、高知県の進める「環境先進企業との協働の森づくり事業」に参加することにしました。

当社は、同県四万十市の広域ごみ処理施設「幡多クリーンセンター」の運転、維持管理業務を平成14年度
より受託しており、微力ながら四万十市地域の環境行政の一翼を担わせていただいています。かねてより、
企業理念である「地球のために 未来のために」を踏まえ、四万十市地域の素晴らしい自然環境を未来に
伝えていかねばと気持ちを新たにしていたところですが、今回の「協働の森づくり事業」への参加を通じ、
更にこの気持ちを強めていきたいと考えております。

去る平成21 年8 月7 日、高知県庁におきまして、尾崎高知県知事、田中四万十市長、当社社長の三者による
パートナーズ協定を締結しましたのでお知らせ致します。(▼下記写真)

090819_kyodonomori1

◇協働の森づくり事業とは
高知県が平成17 年度から始めたもので、「森の力」をシンボルマークとした「協働の森づくり事業」は、
全国一の森林県であることを背景に、森林の手入れ(植栽、下刈り、間伐)、交流の促進(企業と地域)を通じて
「森林の再生」を目指すもので、四万十市の森林が対象となるのは今回が初めてです。

◇森の名称
『地球のために 未来のために 四万十市 NSES の森』

◇対象の森林
高知県四万十市西土佐口屋内の森林 59ha

◇今後の活動
当該森林にて、地元のNPO 法人「しまんと黒尊むら」の皆さん等と森林の再生・整備に取り組み、地元行事
への参加等交流を通して、地域社会への貢献に努めていきます。

                                               以上